11/2潮来LC(青少年健全育成活動)

11/2 小中学校あいさつ運動(青少年健全育成活動)

今期二回目の市内小学校・中学校でのあいさつ運動に協力しました。萩原委員長も(ライオンズクエスト・薬物乱用防止委員会)参加をいただき児童、生徒と挨拶を交わしてもらいました。

コロナ禍の影響から、大きな声を出せない代わりに、しっかりと会釈をして挨拶する生徒も多く
延小では、「立ち止まって挨拶」すること、マスクで声も聴きづらいので「会釈をすること」等を推奨していると話がありました。多くの児童生徒が間隔を開けて、あいさつ運動に立っていますから、一つ一つ立ち止まって挨拶することは無理ですが、小学校にも明るい挨拶が響いていました。コロナ禍で活動が制限されがちな今だからこそ、「自ら・・自主自立」の精神が大切なことなのではないかと考えます。全て友好関係を築くために人々が考えた知恵です。

「挨拶」は、「心を開いて相手に迫ること」だともいえます。人間関係の基本は挨拶です。大きな声で、「おはようございます」から始まる一日は気持ちがいいものです。そして「お辞儀」は、頭を下げて挨拶することですが、これは相手に「すき」を見せることにもなります。「私はあなたを信用していますよ」と言うとことをあらわしています。「挨拶は、コミュニケーションの潤滑油」We Serve