ライオンズクラブ国際協会 333-E地区キャビネット (茨城)

Lions Clubs District 333-E

10/28潮来LC(式典参加活動)

10/28 取手ライオンズクラブへの50周年記念行事に参加しました(式典参加活動)

取手ライオンズクラブの50周年記念式典にクラブから9名で参加しました。取手LCは根本地区ガバナーの出身母体でもあり半世紀にわたり、地域社会に貢献し会員増強にもご尽力を注ぎ、感謝の奉仕にクラブメンバー一人一人の献身的な努力に敬服するものであります。真の友情は損得の上に築かれるものではなく、心と心のふれ合いによるものであることを自覚し、手段としてではなく目的として、友情をもつこと。 友情は“手段”ではなく、それこそが“目的”だということを私たちは忘れてはなりません。クラブはみんなで運営していくもの。奉仕は、けっして損得でも強制や強要によって行うものでもなく、「一人の英雄もなく、一人の非協力者もない」。これは言うまでもないことだが、忘れがちなことでもあります。私がライオンズに入ったとき、先輩にこう言われました。「見返りを求めないで、奉仕をするだけだから。」見返りを求めないというその簡単なことが、ともすれば難しい。だから常に自分自身に問う姿勢、謙虚さがなければならないのです。「他人を幸福にするのは香水をふりかけるようなものだ。ふりかけるとき、自分にも数滴はかかる。」We Serve

潮来ライオンズクラブのホームページ/