ライオンズクラブ国際協会 333-E地区キャビネット (茨城)

Lions Clubs District 333-E

9/16潮来LC(式典行事活動)

9/16 潮来LC結成15周年記念式典・祝賀会を開催

潮来ライオンズクラブが結成15年目の節目を迎えました。所属する地域で、国や市が未だ手を着けていないもの、或いは、盲点となって見過ごされているもの等を、メンバーが自主的に目と耳と足を使って見つけ出し、本当に必要とされる奉仕かどうか委員会で検討し、クラブに堤案します。この提案が認められれば、クラブメンバー全員の総力の下に奉仕活動を行うのです。どんな奉仕も「ウイサーブ」のもとに全員で行うのです。例会や色々な会合で培われた会員同士の友情と相互理解から生まれる「奉仕」なのです。我らの目指す「社会奉仕」と「メンバー相互間の友情と相互理解」とは表裏一体の関係なのです。そして事業に汗を流し、時間を工面して例会に出席し、ポケットマネー程度の出費で一人では到底不可能な大きな奉仕を同志と共に計画し、その奉仕に参加し、成功をみんなで喜び合う、それも1回や2回ではない、メンバーである限り味わえる喜びなのです。それにもう一つ見逃せないものがあります。それは他業種の方々とお付き合いができることです。同業者同士の会合では利益関係や先輩後輩の関係があり、また、視野の狭い井の中の蛙に陥りやすくなりますが、ライオンズクラブではこのようなことは絶対にありません。お付き合いしているうちに他の業種についても大いに勉強になり、そこで得た色々な情報が知らず知らずの内に自分の事業の繁栄に繋がってゆくのです。そして、環境の違ったところで事業を営む者同士がお互いに寛容の精神や拍互理解の精神を養う絶好の場でもあるのです。  また、家族例会やの会合を通じて家族間のお付き合いもできます、このようなメンバー間の友情や相互理解によって親睦を深めながら、その力を結集してより良い奉仕を生んでゆきます。「友情は瞬間が咲かせる花であり、そして時間が実らせる果実である」 We Serve

     

潮来ライオンズクラブのホームページ/