ライオンズクラブ国際協会 333-E地区キャビネット (茨城)

Lions Clubs District 333-E

1/7潮来LC(献血推進活動)

1/7 ショッピングセンターアイモア(献血支援活動)
 今期7回目の献血をショッピングセンターアイモアでおこないました。事故や災害など、緊急の事態で必要となる「輸血用血液」。献血バスや献血センターでおこなわれていますが、それでも輸血用血液は、慢性的に不足しています。提供された血液の有効期限は三週間で、血小板なら四日間、製剤加工されたもので一年間にすぎないためです。現代の医療技術をもってしても、未だに血液は作り出すことが出来ません。また、冬季は寒さで外出を控える人が多いせいか、献血の絶対数が減り、なおいっそうの献血者が求められているという実情があります。本来、日本人には、冷静さ、寛容さ、協調性、利他的精神など、困っている人を放っておけない「美質」が備わっています。いついかなる時であっても、それが自然に発揮できるよう、心を構えて日々の生活に望んでいき「美質」を発揮するには、常に心構えからと理解したいものです。「眠りは悩める者にとって、唯一の回生剤である」 We Serve

201517kenketu1000