ライオンズクラブ国際協会 333-E地区キャビネット (茨城)

Lions Clubs District 333-E

東海LC 【鮭の人工授精見学会】

東海ライオンズクラブ(内藤直人会長)は平成26年11月29日 (日)、青少年育成事業として一昨年度より開始した鮭の稚魚放流事業に係わり、その第一弾として鮭の人工授精見学会を那珂川第一漁協殿のご協力の下に主催し、照沼小学校の児童を対象として開催しました。当日は、照沼小学校の校長先生もご参加され、総勢9名での見学会となりました。

見学会ではまず、那珂川第一漁協小林組合長殿より畜養場の作業内容と役割について説明があり、その後鮭の人工孵化、移動範囲、鮭の種類についての説明が茨城県水産試験場の職員の方よりありました。

実作業のデモでは、17匹並べたメスの鮭から卵を取り出す(意外に沢山入っている)、大きなボールに移した卵に生きたオスの腹を絞って精子を混ぜる、更にボールに水を足して授精完了 の様子が間近で観察され、皆貴重な体験を食い入るような目つきで見つめていたのが印象的でした。

今後は年明けに漁協殿より授精卵をいただき、照沼小学校児童の家庭での孵化の観察と稚魚の飼育、3月の新川への稚魚放流と続きます。

20151129_1  20151129_2

20151129_3 20151129_4