ライオンズクラブ国際協会 333-E地区キャビネット (茨城)

Lions Clubs District 333-E

「ガバナー公式訪問合同例会」を開催!(5R 1Z・2Z)

8月17日(土)取手市内のグリーンパレスふじしろにおいて、大髙ガバナーをはじめキャビネット役員ならびに5R1Z・2Z(10クラブ)の三役および会員、総勢117名が一堂に会して「ガバナー公式訪問合同例会」が盛大に開催されました。
まずクラブ三役懇談会では宮本ZCの挨拶から始まり、CAB役員およびクラブ三役の紹介のあと、ガバナーのご挨拶、クラブ現況報告、CAB連絡事項、ガバナー意見交換(含質疑応答)など中身の濃い懇談会となりました。
合同例会では、宇宙戦艦ヤマトのBGMにのってガバナー入場、厳かなうちに合同例会が開催されました。大髙ガバナーからは、ガバナースローガン「不易流行」についての説明や「風に立つライオン(DVD映像)」などが紹介されました。そのなかでライオンズクラブを必要としている人たちが世界中に沢山いること、そしてLCLFへのご支援ご協力をお願いされました。三代幹事からは⓵会員増強⓶LCIF⓷OSEALフォーラムin広島への参加など3件の幹事報告がありました。締めとして真穂 渥 藤代LC会長の音頭でライオンズ・ローアを元気よく行い終了しました。
懇親会では、大谷ひとみ取手LC会長の乾杯で開宴、ガバナーを囲んで和やかな雰囲気のなか「また会う日まで」を参加者全員が一つの輪になって唄い終了となりました。CABとゾーンが一体となりコミュニケーションを十二分にとることができた合同例会でした。

We Serve

大髙ガバナーご挨拶

元気溢れる「ライオンズ・ローア」

懇親会・また会う日まで

 

以上です。