ライオンズクラブ国際協会 333-E地区キャビネット (茨城)

Lions Clubs District 333-E

日立中央LC 【薬物乱用防止活動開催】

実施クラブ名  日立中央ライオンズクラブ

講師氏名   L柴田 正四郎 L青木 茂

実施年月日 2017年2月2日(木)
実施場所

(施設名等)

日立市立助川中学校
講演等の名称 薬物乱用防止教室
講演内容 乱用事例 中学にシンナーが、成人で覚せい剤 自殺未遂

これも依存症 1度の乱用でも脳はそれを忘れない

大麻 容認発言に騙されない 脳に悪影響 他薬物につながる

危険ドラッグは毒物ドラッグだ

誘いの場面再現

いかに断るか 熱い鍋を使って説明

自分を大切に思う気持ちが、薬物を寄せ付けない強さとなる。

地元で起きた乱用事件紹介

薬物は、脳を壊し治療できない。

依存症、フラッシュバック、刑罰、この地区の薬物事犯検挙数

タバコの有害さ説明

対象者 中学2年生
対象参加人数 83人、教師5人 計88人

講師氏名   L柴田 正四郎 L青木 茂

実施年月日 2017年2月8日(水)
実施場所

(施設名等)

日立市立山部小学校
講演等の名称 薬物乱用防止教室
講演内容 なぜ小学校のうちに防止教室が必要か

小学3年生の遭遇した事件から注意喚起

薬物の偽名、MDMAの色、形に騙されないように

すぐ断ることの説明(ボール、鍋使用)

自分を大切に思う気持ちが、薬物を寄せ付けない強さとなる。

絵本を紹介。「必ず、“素晴らしい自分“がある」

薬物は、脳を壊し治療できない。

フラッシュバック、刑罰、この地区の薬物事犯検挙数

タバコの有害さ説明

お父さん、お母さんに伝えてほしいこと

対象者 5、6年生
対象参加人数 5、6年生12人、 教師3人 計15人

講師氏名   L柴田 正四郎 L青木 茂

実施年月日 2017年2月17日(金)
実施場所

(施設名等)

私立明秀学園日立高等学校
講演等の名称 薬物乱用防止教室
講演内容 乱用事例 中学にシンナーが、成人で覚せい剤 自殺未遂

これも依存症 1度の乱用でも脳はそれを忘れない

大麻 容認発言に騙されない 脳に悪影響 他薬物につながる

危険ドラッグは毒物ドラッグだ

誘い手口(人間心理(同調効果)悪用 誘いの場面再現)

(先輩に誘われたとしたら)

いかに断るか 熱いやかんを使って説明

自分を大切に思う気持ちが、薬物を寄せ付けない強さとなる。

薬物は、脳を壊し治療できない。

依存症、フラッシュバック、刑罰、この地区の薬物事犯検挙数

タバコの有害さ説明

対象者 1年生330人、教師20人
対象参加人数 350人

講師氏名   L青木 茂

実施年月日 2017年2月19日(日)
実施場所

(施設名等)

日立市池の川さくらアリーナ
講演等の名称 第15回日立中央LC杯少年剣道大会(薬物乱用防止講話、掲示)
講演内容 講話 売人に扮し一人芝居

誘い手口紹介、ゼッタイ受け入れないように注意喚起

若者は、大麻、危険ドラッグ 特に注意

 

掲示 ダメゼッタイ横断幕

ノボリ

大会パンフレット(薬物乱用防止教室事績)

対象者 小学生、中学生、高校生、父兄
対象参加人数 600人
その他参考事項 保健所より横断幕を借り体育館内へ掲示

“ライオンズクラブは薬物乱用をゼッタイ許しません”ノボリ掲示

講師氏名   L柴田 正四郎 L青木 茂

実施年月日 2017年2月21日(火)
実施場所

(施設名等)

日立市立仲町小学校
講演等の名称 薬物乱用防止教室
講演内容 なぜ小学校のうちに防止教室が必要か

小学3年生の遭遇した事件から注意喚起

薬物の偽名、MDMAの色、形に騙されないように

すぐ断ることの説明(ボール、鍋使用)

自分を大切に思う気持ちが、薬物を寄せ付けない強さとなる。

絵本を紹介。「必ず、“素晴らしい自分“がある」

薬物は、脳を壊し治療できない。

フラッシュバック、刑罰、この地区の薬物事犯検挙数

タバコの有害さ説明

ガマの油売り口上にのせて、訴えかける

対象者 5、6年生、親子教室として
対象参加人数 5、6年生65人、親18人、教師4人  計87人
その他参考事項 初開催校、親子学習会