ライオンズクラブ国際協会 333-E地区キャビネット (茨城)

Lions Clubs District 333-E

常陸小川LC 【霞ヶ浦水質浄化活動】

常陸小川ライオンズクラブ(会長 萩原茂)では、永年にわたり霞ヶ浦の水質浄化のため、アサザを栽培し、湖岸に植え付けを行って来ました。以前は、植え付け作業もクラブ単独で行って来ましたが、ここ数年は地元の玉里東小学校の児童と共に行っています。今年も7月8日(火)に開催され、当日は天候に恵まれ、子どもたちは水の中に入って歓声をあげながら、クラブのメンバーと共に用意した約100株のアサザの植え付けを終了しました。

毎年、今年こそはと念じながらも、台風などにより、せっかく植えたアサザが根付かず、クラブ内でも試行錯誤を繰り返して来ました。今年植え付けたアサザは、花を咲かせ、現在だいぶ成長してきました。

私たち常陸小川ライオンズクラブは、いつの日か私たちが植え付けたアサザで、少しでも霞ヶ浦が浄化され、泳げる霞ヶ浦が帰ってくることを願いながら、また来年のためにアサザの栽培を続けています。

 

アサザ1  アサザ2