ライオンズクラブ国際協会 333-E地区キャビネット (茨城)

Lions Clubs District 333-E

グットラン国際第一副会長 糖尿病食の試食

郷土料理を活かした糖尿病食の研究会

2017年11月26日(日)

芝浦キャピタルマークタワーに於いて

グットラン国際第一副会長へ食事の提供

グッドランビョートイングバトラー国際第一副会長来日に伴い、333複合地区FWTでは、アクティビティとして糖尿病食の研究会を開催しました。

若栁綾子333複合地区FWT副コーディネーター(つくば中央LC所属)指導のもと、333-E地区より5名のFWT委員が郷土料理作りのお手伝いに参加しました。

 

メニューは

1.田舎風かも汁つけそば

2.魚沼産ぜんまいと根野菜の煮しめ

3.大根とじゃこの煮びたし

4.いちじくのワイン煮(伊藤コーディネーター手作り)

 

グッドラン国際第一副会長をはじめ多くの方々に料理を試食して頂けたことに感謝いたします。

E地区のチームワークは完璧で食材、まな板、包丁、鍋など持参しE地区が中心で60人前の料理を心を込めて作りました。

貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

 

古渡孝枝